論文作図
Figure

論文掲載をより効果的な研究発表の機会とするために

内容の新規性が重要であることに変わりはありませんが、検索のされやすさ、目に留まるイメージ、プレスリリースの工夫もまた、論文のダウンロード数、研究の注目度に影響するようになりました。弊社では論文の内容を理解して、実験の手法、データのポイントを抑えた作図や、グラフィカルアブストラクトの制作、また注目度をアップする論文雑誌のカバーイラストの制作を行っています。また、論文掲載を機に所属組織から広報されるプレスリリースの執筆とデザインも行っています。マスメディアやインターネットのニュースなどで取り上げられるよう、研究のアピールポイントを取材者目線、市民目線でわかりやすく制作します。

こんなご要望がありましたらご相談ください

  • 論文の作図、イラスト、グラフィカルアブストラクトをつくってほしい
  • 論文雑誌の掲載が決まり、カバーイラストに挑戦したい
  • 論文雑誌の掲載のプレスリリースの制作を相談したい

イラスト・ロゴについてはこちら

制作過程

ご相談

お問合せフォームまたはお電話にてご依頼内容をお知らせください。詳細が未定でも、まずはお気軽にご相談ください。

ヒアリング

研究内容と当該論文で特にアピールしたい点についてお伺いいたします。事前にいただいた資料を読み込み、質問させていただきながらビジュアルイメージを膨らませていきます。

可能であれば事前にご提供いただきたいもの

  • 当該論文
  • プレスリリース
  • 研究を紹介したパワーポイントなど
  • 日本語の資料

掲載予定の雑誌について図表やカバーアート制作のガイドライン、提出の期限などについてもお伺いし、大まかなスケジュールを確認します。

見積り・ご発注

ヒアリングの内容から見積りを作成します。正式にご発注いただきましたら作業開始となります。

制作

ヒアリングの内容からイメージを膨らませてまずはラフをお送りいたします。ラフが固まったら着彩し、ご確認と修正を重ねてデザインを仕上げていきます。

納品

雑誌のガイドラインに沿った形でデータを納品いたします。