実績実例
Case

論文雑誌 Cell Stem Cell の表紙デザイン

弊社で制作したイラストが、論文雑誌Cell Stem Cellの2018年1月号Volume 22, Issue 1の表紙に選ばれました。

イラストは、新生児科医の神農英雄(じんのうひでお)先生の論文の内容を表現しています。先生は、マウスを使った実験で、生まれたばかりの新生児では脳が損傷すると神経幹細胞から産生された「新生ニューロン」が、脳の表面に細長い突起を伸ばしている「放射状グリア」を足場として移動し、脳を修復することを発見しました。これは、もともと胎児の脳が作られる時にはたらくしくみで、生まれた後の新生児でも放射状グリアの突起が機能することが、この論文で初めて明らかになりました。(生まれてからしばらくすると、放射状グリアの突起は消えてしまいます)

イラストでは、再生の象徴であるフェニックスが放射状グリア、フェニックスの誘導で赤ちゃんの脳を治しに行く小鳥が新生ニューロンを表しています。

On the cover: In this issue, Jinnou et al. (128–137) show that radial glial fibers persist in injured neonatal mouse brains and support migration of ventricular-subventricular zone (V-SVZ)-derived neuroblasts toward the injured area, leading to neuronal regeneration. The cover image illustrates neuroblasts (represented by flying birds) from the V-SVZ (the phoenix) migrating along radial glial fibers (tail feathers) to regenerate the injured neonatal brain. Cover design by Space-Time Inc.

Jinnou et al.
Radial Glial Fibers Promote Neuronal Migration and Functional Recovery after Neonatal Brain Injury
Cell Stem Cell 22: 128-137.  FREE Full text

Pick up [イラスト・ロゴ]